FC2ブログ
La Perlerie*Ange 店主の気になることなどいろいろ・・・
Casa-Museu Salvador Dali(ポール・リガッ)
2009/09/30/ (水) | edit |
3つ目のダリ美術館に行ってきました。

フィゲラスからバスに乗って約1時間半のカダケスへ。
途中、山道みたいなところを通り、また揺られました汗

おりてから、またどこなのか不安な状態で、標識にそって
いきましたが、今回は時間がない汗

今回の美術館は予約制でチケットの引き取り時間まで
あと、25分って状態でした。

なので、探しつつもダッシュで行きました走る走る走る

通常20分というところ、気合で10分ちょっとで
美術館のあるポール・リガッに着きました。


ダリ美術館の入り口です。
ee703298.jpg

元漁師の家を改装しながらなので、外観は普通です。


中にはいると狭いです。
だから予約制なのかと納得。


まずは玄関はいってすぐの部屋。
b62cf205.jpg

くまの剥製がいい感じです。


ダイニングルーム
748d9b5b.jpg



ライブラリー
e78539ba.jpg



アトリエ
7c5fd723.jpg



Yellow Room
0e950681.jpg



Bed Room
3f57b75c.jpg



屋上(?)から
00095eab.jpg



プールのあるテラスは楽しいインテリアでいっぱいでした。
その一部です。
0893aa77.jpg



部屋が小さいため、時間区切りでしか見れない
美術館ですが、ダリの遊び心いたっぱいなおうちは
とても面白かったです。

また、この家の周りの景色もすばらしかったです。
きれいなブルーの海にのどかな雰囲気、
ダリはこんなところで創作意欲を沸き立てていたんですね。

また、いつか機会があればきたいところです。
関連記事
スポンサーサイト



Teatre-Museu Dali(フィゲラス)
2009/09/29/ (火) | edit |
ジローナから電車で30分のフィゲラスに着きました。
ここも小さい街でわかりやすくてとってもいいです。

ここでも目的はただ1つ、ダリ美術館です。
ホテルもこの近くにありチェックイン後、
すぐに向かいました。

すぐに目に付いたのはたまご
ea80020f.jpg

前に何かでみた写真と同じ!
もう、かなりテンションあがりました!!


こちらが正面入口
3b49d05e.jpg

立ってる彫刻もやはり普通でない(笑)


1番最初に入った部屋の天井画
79cd4588.jpg



ダリの寝室
d4b47abd.jpg



中央ホールにあった絵(すごく大きいんです。)
a0f8830a.jpg



窓の合間から
85b46ab1.jpg


MAE WEST ROOM
3879565a.jpg

オブジェが並んでいるのをレンズからのぞくと
女の人の顔に見えます。


この美術館の絵画は油絵が少なく(有名なのは各地に
散らばってるしでしょうか)デッサン、スケッチ、水彩画
が多いです。
かわりに内装とマッチしたオブジェが充実してます。
ダリの世界です。


他に別館のような感じでジュエリーの展示がありました。

9fb901ac.jpg
71a7e9d1.jpg

ハスケルと比べていいものか・・・
ダリのデザインでできたジュエリーはとっても斬新でした。
中には動くものもありました。(画像のはシンプルです。)

本物は一体いくらなんでしょう???

帰りにおみやげやさんで鑑定書つきのダリのペンダントが
ありました。ゴールドでできてるようです。
チェーンの細工がとっても素敵だったんです。

ちょっと価格をきいてみたら
なんと7100ユーロ困った
全く手がでません・・・。

いいんです、買えなくても
美術館にこれただけで満足です笑い
関連記事
Casa-Museu Castell Gala Dali(プボール)
2009/09/28/ (月) | edit |
やっときました!
3つあるダリ美術館のうちのひとつ
とはいってもダリの奥さん、ガラの邸宅です。

ここはとっても辺鄙なとこにあって
ジローナから1時間に1本しかないバスに
30分乗り、降りるとまわりは畑のみ泣く

ここはどこ?と焦るけど、すぐに標識をみつけ
こっちでいいのか?と思いつつ
歩くこと30分汗汗

着いたときのうれしさ倍増!

さっそく、入り口です。(結構普通です。)
aac42d2d.jpg



ダリらしいエクスカーションルーム(?)
e2850c62.jpg



ガラの寝室
f2751214.jpg



ピアノルームの一部
8cc2ddf9.jpg



照明の暗い部屋にあったソファ(なんとか写りました。)
28eb18da.jpg



庭には象にきりんの足のオブジェ
55e03b8c.jpg



不思議で素敵なものがたくさんで、
なんといってもダリに愛されていたガラの
おうちなんだなぁと思いました。

このあと、ミュージアムショップで
悩みまくり汗

そして、また帰りも30分歩きました足跡
関連記事
ジローナ
2009/09/27/ (日) | edit |
ジローナはバルセロナから電車で1時間半
離れたところにあります。

小さい町なので治安もいいです。

ここについたのはチケットの関係で、
でも、3つあるダリ美術館を巡る
スタート地点としてはいいとこです。

まずは街の中央に流れる川の景色。

afad19f6.jpg


見所はあまりないんですが、教会にはいってみました。

66a8d248.jpg


4ff429a3.jpg


それから城壁があるのに気づきあがってみました。
ちょっと、高所恐怖症なんですが・・・。

bdac4b1a.jpg


いやぁ、とってもいい景色です♪

2743c632.jpg


71b6437f.jpg


すっかり観光した気分になって
おなかもすいてきたので夕食を食べることに。

f320f089.jpg

パエリアを食べて満腹でホテルに戻りました。


関連記事
モロッコはねこ天国♪
2009/09/26/ (土) | edit |
モロッコでは、いろんなとこに猫がいました。

特によくみかけたのが、食堂、レストラン、

市場です。


食事時に猫たちはあらわれて、人間からおこぼれを

もらおうとします。

とにかく、どこででも猫をみかけます。


そこで、私のモデルになってくれた猫ちゃんたちを

紹介します。


フェズのメディナで
b6a4346c.jpg



フェズの食堂で
cfd3ebb2.jpg

※なさけない顔がお気に入り


アイト・ベン・ハットゥで
e22037ee.jpg



砂漠ツアーの途中で
d7a17b34.jpg



砂漠ににも元気な猫が!?
da359e92.jpg



マラケシュのホテルで
d56b49bb.jpg



マラケシュ スークで
147e3e5a.jpg



モロッコの猫たちは雑食でよく食べるんですが、

みんな小さくて痩せてます。


アンジェの半分以下です笑い汗

アンジェがここにいたらどうなっちゃうんでしょう???
関連記事
砂漠の朝を思い返して
2009/09/25/ (金) | edit |
約2日かけて行った砂漠なのに、

一晩だけだなんて・・・。

とっても物足りないです。


翌朝はなにひとつ音のしない中、5時半におき、

ラクダのシルエットをはじめに見ました。

fd861268.jpg



しばらくあたりを歩き回りました。

これが泊まったテント。

6b617fbd.jpg


また、ラクダ。

b74c9fc1.jpg



だんだん日がのぼってきて、
fd9b2027.jpg


風がつくった砂の模様がよく見える。
81d854e0.jpg

サハラの砂はオレンジ色なんだとあらためて思う。


さらに明るくなり、
56aca728.jpg


ラクダの準備完了!
509c8279.jpg

※先頭にいるのが私が乗ったラクダくん。


朝食をとる宿までラクダで戻ります。

また揺られること45分。


途中で揺られながらも

自分が乗ってるシルエットが撮れましたにっこり
8bb161ca.jpg



たったこれしかいれなくて、

とっても心残りな砂漠でした。

早くもまた行きたいと思ってます。
関連記事
マラケシュ -お買い物編-
2009/09/24/ (木) | edit |
マラケシュはスークに工芸博物館に

お買い物が楽しいところでした。


夜にひときわ輝いていたランプ屋さん
c0abc6e2.jpg


カラフルな刺繍がかわいいバックたち
182934e7.jpg


動物好きにはたまらない、レザーのラクダ
22cb76fb.jpg


買うのをあきらめたティーセット。
ガラスの色がとってもきれい。
c7f551ec.jpg


カラフルであたたかみのあるフエルト、
ウールでハンドメイドです。
d451742a.jpg


12ce2dd2.jpg


シーシャセット
cabc5e1f.jpg


こっちのビーズアクセサリーはこんなのばっかり。
729e5580.jpg


またまたカラフルなバブーシュ
b501438e.jpg


ころころとかわいいフエルトネックレス
a560347a.jpg


ほしいけど買わなかったクラスターなど
30ad8e1d.jpg

よくみるとクラスターは加工品に思えてきた・・・。


ほとんど見てるばかりであまり買い物はしませんでした。

なぜかというと、価格交渉が面倒くさいんです・・・。

すごいふっかけられるのではじめの言い値の1/10ぐらいから

値切るよう言わないといけません。

最終価格が決まるまで何段階もふむので本当に面倒くさい。

はじめの価格の1/3で買えても本当にお買い得だったのか

わからない状態です。まだ安く買えそう。


1番安くしてもらえたのは350DHが100DHに。

でも、やっぱりこれでもお買い得感がわかない。
関連記事
砂漠ツアー -後編-
2009/09/22/ (火) | edit |
朝8時頃ホテルを出発し、最初に向かったのが

ベルベル人の絨毯屋でした・・・怒

まずはつくっている様子、

caef498a.jpg


それからおじちゃんがミントティーをふるまいながら

絨毯の説明をしてくれます。

d42e4426.jpg



ですが、ツアーの人はほとんど無関心。

私は小さいのなら買ってもいいかと思ったけど、

割安感が感じられず買いませんでした。


少しずつ気まずい時間が経ちます。

ここで誰も買わないと、みんなここからでられません。
(というような気分。)

そこへ救世主が!

ノルウェーから来たご夫妻です。

3畳ほどのサイズの絨毯を買う交渉をしはじめました。


約5分後、見事成立!

このご夫妻が絨毯を買ってくれたおかげで、

ここから脱出することができました。


そのあと向かったのがトドラ渓谷。20分ほどの散策です。

今までは乾燥した景色ばかりみていましたが、

ここには涼しげな川が流れています。

85d9dc11.jpg


4ee6ac92.jpg


でも、周りの岩肌には自然の厳しさが感じられる景色でした。


砂漠以外の観光地は回ったのでいよいよ、砂漠へ向かうか?

と思ったら、今度は石屋さんへ・・・・。

アンモナイトや三葉虫の化石、デザートローズ、

天然石のクラスターなどが売られていました。

66216d9d.jpg


e084e4e5.jpg


ここでも割安感がなかったんですが、

ちょっとだけ本気でデザートローズを選びました。

(のちにもっと買っておけばと後悔。)


このお店をあとにし、やっと砂漠へ。

だんだん、小さな砂丘が見えてきた時には感動!!

夕暮れちょっと前に

砂漠の入り口、メルズーガに着きました。


私たちを待っていてくれたのはラクダさんたち。

d0b8400e.jpg


ここでなんですが、実は私、動物に乗るの初めてなんです。

おっかなびっくりでラクダにまたがりました。

乗り心地は・・・、おしりが痛いです。


ラクダに揺られ、45分前後、まともに写真が撮れません。

ましなのをいくつか。

681423bb.jpg


これはツアー半分の人たち。たまに違う道を歩きます。

922a9d59.jpg


これはちょっとぼけてますが本当に私目線。

22d789ba.jpg



テントに着いたと思ったらあっという間に日が暮れて

月が見えてきました。

7fee2dff.jpg



ガイドのベルベル人は手際よく夕飯の支度をし、

タジンを火にかけてる間は楽器の演奏をしてくれました。

79aa3a4b.jpg



この間は電気もなく、ロウソクと星の明かりだけです。

食後は星がもっとよく見えるように暗闇の中、

大砂丘を上ることになりましたが

何も見えない中、上り続けるのが辛くて、ギブアップ落ち込み

かわりにラクダのそばでしばらく星を見てました。


非日常な体験でした。
関連記事
砂漠ツアー -前編-
2009/09/21/ (月) | edit |
砂漠へはマラケシュからツアーで2泊3日で行くことにしました。

砂漠に行くまでに途中、数ヶ所観光地にも止まってくれます。


出発は朝の7時。早い・・・。

ほぼ定刻通りにツアーのお迎えがきました。

バンに乗ると日本人が。やったー、これで安心笑い


出発してマラケシュをでて間もなくアトラス山脈越え。

3000~4000mの山並みを2時間ほど揺られます。

9707a016.jpg



それが終わると乾いた大地を走り続けます。

最初に着いた観光地はアイト・ベン・ハッドゥです。

世界遺産で映画のロケ地にもなってます。

596adeca.jpg

このあと中にはいったんですが、遠目にはチョコレート

でてきているみたいでした。


それからランチ休憩などはさみ、

次はワルザザ-ドでバンがとまりました。

今回のはツアーといってもドライバーがいるだけでガイドらしい

ガイドはありません。

なので、この後は地名がわからないとこが多いです(苦笑)

ここでは遠くに見える水が気になって撮ってみました。

d4f8b223.jpg



それからまたしばらく走り、名前不明のカスバ(?)です。

96884aee.jpg



このあたりまでくるとローズオイルやローズウォーターのお店が

気になります。

d915d5bf.jpg



今日、最後に止まった場所なんですがここも村の名前がわかりません・・・・。

4b6f2e80.jpg



そして18時半頃ついたティネリール近辺のホテルに宿泊です。

ホテルの脇には川が流れ、その音をきいてると

日本の温泉地がイメージされてしまいます(笑)


明日はいよいよ砂漠へ。

とっても楽しみです。
関連記事
マラケシュ -屋台編-
2009/09/20/ (日) | edit |
マラケシュにきのう着きました。

マラケシュといったらフナ広場とスークです。

広場は夕方になると屋台が立ち始めます。

中央は食べ物で、

e4f22407.jpg


端には安くておいしい生絞りオレンジジュース、

cafc4ab9.jpg


激安エスカルゴ

7baf6cd2.jpg


の屋台が並びます。


エスカルゴは食べてる人に写真撮らせてもらいました。
(私は食べられないんで・・・・。)

f5d74114.jpg

触覚までわかります汗


私はオレンジジュースはほぼ毎日飲んでました。

屋台ではハリラ、串焼きなどメインに食べてました。

この辺は歩いてると、屋台の店員さんの呼び込みがすごいです。

メニューはどこの店もほとんどかわりないので、

どこにしたらいいか悩みます。


フナ広場の全体です。

c0826216.jpg

とても活気に満ちた感じです。深夜までおおにぎわいです。

そして、この人の多さ、みんなどこからやってくるんでしょうか(笑)
関連記事