FC2ブログ
La Perlerie*Ange 店主の気になることなどいろいろ・・・
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サフィレットまとめ
2015/03/31/ (火) | edit |
この7年間で国内外の業者さんとサフィレットについて話して知った事のまとめです。

注)とても現実的ですので、ガッカリされる内容であるかもしれませんので、

そのような方は続きをお読みになられない方がいいと思います。


☆===================

当ネットショップをよろしくお願いします。
La Perlerie*Ange
ヴィンテージスワロフスキー、ハスケルビーズ・パーツ、サフィレット、
アイリスガラス、ドラゴンズブレスなど販売しています。


===================☆




サフィレットにはアンティークとヴィンテージがあります。

アンティークはチェコで作られていたもので、

ヒ素だか金がはいっていてできていると伝わっておりますが、

現実的には金がはいっているのではないかと思います。

なぜ、そう思ったかというと、総サフィレットのネックレスをつけた時の

重みです。スワロ並みの重さが感じられます。
(スワロは鉛ガラス、クリスタルです。)

金がはいっている事によって、普通のガラスより重いのだと。

また金は赤を作る時に用いられる事が多いですが、

サフィレットもまた、何かのカラーを作る際に金をいれて、

失敗してできたのがサフィレットと思われるからです。

失敗からできたものなので、微妙な配合や熱の加え方で

製造方法が難しいのかと思います。それで淡かったり、濃かったり

とブルーの色が安定していないのかと思います。

15033102.jpg
アンティークサフィレット

15033103.jpg
アンティークサフィレット


ヴィンテージはどこかのショップさんでパッケージを明らかにした事に

よって、サフィリーンという名前でドイツ製という事がわかりました。

チェコのアンティークサフィレットの模造品なのです。

再現しようとしたことに関しては、よくぞやりました!ですが

でも、継続してつくらなかったという事は今の人たちに作らせたら

作る大変さと人件費ばかりかさみ、利益がでないのでやめてしまったのでしょう。
(他の今は作られてない特殊なガラスにしてもそうです。今作らせたら古いものより高かったりして・・・。)


ヴィンテージのサフィレットはとあるコスチュームジュエリーを扱う業者さんが

研究家肌な方で、サフィレットをある機関にだして、成分を調べたそうです。

結果は詳細には教えてくれませんでしたが、特に特別なものは入っていなかったと。
(ヒ素は入ってないという事です。)

ただ、こちらの方はコスチュームを扱ってる方なので、調べたサフィレットは

ヴィンテージと思います。アンティークのサフィレットを検査にだしていたら

違った結果になっていたかもしれません。


ヴィンテージサフィレット

こうやって比べますと、はやりアンティークとヴィンテージでは

色や風合いが異なりますよね。


また、アンティークは戦前のもの、ヴィンテージは戦後のもの

と経年数でも価値が変ります。

アンティークは戦争を超えて残っていたってとこに感動しませんか?

私は特に古い方が好きなので、サフィレットも断然アンティークの方が好きです。
(ヴィンテージサフィレットを2個買える予算があるなら、迷わずアンティークサフィレットを1個買います。)


大きくは年代で価値がかわり、あとはカラーや状態で価格はかわると思いますが、

販売する側はアンティークかヴィンテージか区別して販売するべきと思います。
(区別しなくても好きな方は見ればすぐにどちらかわかると思いますが。)


でも、時々、アンティークもヴィンテージも区別しないで販売してる方がいらっしゃるのですよね。

あとでトラブルにならないのか他人事ですが心配になります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。